お困りのことはありますか?

CNAMEおよびAレコードの設定

これまで利用していたメールサーバーを利用し、ホームページはJimdoで作成したページを表示させたい場合、CNAMEおよびAレコードの設定を行います。このときご利用いただいているドメイン管理会社によって、変更可能な項目が異なっていたり、制限がある場合もございますので状況に応じて設定方法をご検討ください。

変更内容

CNAMEの変更

現在使用しているDNSサーバーの記述を、以下のように変更してください。

www.(取得済みドメイン名) CNAME お客様アカウント.jimdo.com

2018年4月4日 以降にご登録された方は以下のように変更してください。

www.(取得済みドメイン名) CNAME お客様アカウント.jimdofree.com

「abc.com」というドメインをお持ちで、「cde.jimdo.com」というJimdoアカウントの場合は

www.abc.com CNAME cde.jimdo.com

と変更します。

Aレコードの変更

Aレコードの設定:
現在のレジストラ(ドメイン管理元)にて以下のIPアドレスを設定してください:   185.60.251.251

「abc.com」というドメインをお持ちの場合は

www.abc.com A 185.60.251.251

と変更します。

ご注意:
MXレコードのホスト名に、独自ドメインと同名のホスト名を設定されている場合、www なしのドメインのAレコードに、JimdoのAレコードを設定しますと、外部のメールサービスでメールを受信できなくなりますのでご注意ください。

追記

CNAMEの設定を行うとwww.取得済みドメイン名(wwwあり)でアクセスした際はサイトにアクセスすることが可能です。ただし、取得済みドメイン名(wwwなし)で訪問した際にはページが開かない、もしくは旧サイトを読み込む可能性があります。

 

wwwなしでアクセスした際も閲覧ができるようにするためには、Aレコードを設定していただく必要がありますが、MXレコードにて既に利用されている場合は、現在のドメイン管理会社にお問い合わせいただき、wwwなしへのアクセスを自動的にwwwありに対しリダイレクトさせるよう依頼を行ってください。なお、ドメインの管理会社により対応ができない場合がありますのでご注意ください。

 

レコード内容については、上記の内容で動作そのものは問題ないとは思いますが、上記のレコードでJimdoページの表示を行う方法は、あくまで一例となり、CNAMEを設定する環境により設定方法は異なります。


設定方法の詳細につきましては、ドメインの管理会社へお問合せ下さい。