お困りのことはありますか?

Google Search Console (グーグルサーチコンソール)

Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)は、Google が提供する無料のサービスです。このサービスではホームページ内で問題がありそうな箇所を探してくれたり、リンクの情報など、クローラーに特定の指示を出すことができます。検索エンジン対策だけでなく、ホームページ全体を把握して幅を広げてくれるはずです。利用方法は一見難しそうですが、実はそんなことはありません。SEO はコツコツと積み重ねることが大事です。無料なのでまずは試してみましょう!

Google Search Console と Jimdo の繋げ方

まず最初に Google Search Console にホームページを設定する必要があります。まだ設定をしていない場合は、まずここから登録してください(無料です)。登録後は以下の手順でWebサイトを Google Search Console に設定していきましょう。 スライダーを右に送りながら、内容を確認してください。

これでまずは Google Search Console にホームページを設定できました。

Googleの検索結果にホームページが登録された?

Google Search Console への設定が完了したら、URL検査をします。Google インデックスにページが登録されているか、また、どのように表示されるか確認できます。以下の手順で検査が可能です。

これでURL検査は完了です。

・Google キーワードプランナー

Google が提供する広告サービス「Google 広告(Google Adwords)」の機能のひとつに「キーワード プランナー」というものがあります。指定したキーワードがどれぐらい検索されているのか? 関連するキーワードはどんなものがあるか? そこに競合のホームページがたくさんあるか? など有効なキーワード情報の他に、キーワード自体が市場でどれぐらい競争があるか、ということまで教えてくれます。

ちょっとした知恵袋:
「検索数が多いからこのキーワードは有効だ!」と思ってもそれほど単純ではありません。それだけライバルが多い可能性が高いです。そしてたくさんのライバルに勝つのは至難の業。……ではどうすればよいのでしょう? インターネット上の情報は多くなりすぎたので、ユーザーはより自分が欲しい情報を得るためにいくつかのキーワードを組み合わせます。例えば「肉」だけでは情報の幅が広すぎます。そこで「肉」「贈り物」「お歳暮」「高級」など、関連キーワードを付け加えて検索します。そうすることで「肉」だけの検索結果から、安売りの情報は除外されますよね。そうやって絞られた情報は、検索数が少なくても「より的確な情報」「より求めている情報」としてユーザーに認識されていきます。