お困りのことはありますか?

パスワード保護領域

パスワード保護領域では、ページにパスワードを設定するとこができます。設定すると、ページにアクセスした際にパスワードの入力が求められます。正しいパスワードが入力されなければ、そのページ内のコンテンツ(本文部分)は表示されません。

プライベートの写真を載せたページを特定の人だけに閲覧させたい場合や、完成するまで出来る限り閲覧されない設定を行いたい場合、この「パスワード保護領域」をご活用ください。

パスワード保護領域

パスワードを設定するために、まずは[ 管理メニュー ]>[ 基本設定 ]>[ パスワード保護領域 ]をクリックし、[ パスワード保護領域を追加する ]をクリックします。

パスワード保護領域にアクセス

パスワードを設定します

名前

[パスワード保護領域 ]の設定に名前を付けてください。名前はJimdo にログインした方のみが確認ができます。通常の閲覧時は表示されません。[パスワード保護領域 ]の設定を識別するために分かりやすい名前を設定してください。

パスワード

任意のパスワードを設定してください。

ページを選ぶ

パスワードで保護するページを選択し、[保存]ボタンをクリックします。

パスワード保護領域の詳細設定画面です。

パスワード保護領域の複数設定

1つのページに対して複数のパスワードを設定することができます。例えば、「1111」という設定と「2222」という設定をした場合、どちらのパスワードでも対象ページにアクセスができるようになります。複数の人に別々のパスワードを配布したい場合等にご利用ください。

注意事項:
  • [パスワード保護領域 ]が設定できるのは本文部分のみとなります。ヘッダーやサイドバー、ウェブサイトそのものは非公開にすることははできません。
  • ブログは、「一般公開」のステータスにされている場合、パスワードをかけても表示されます。
  • ダウンロード用ファイルや画像データは100%の保護を保証できるものではありません。重要なデータのお取り扱いには十分ご注意ください。
  • [パスワード保護領域 ]を設定する前に検索エンジンのクローラーなどで該当のページの情報がインデックスされている場合、インデックスされた時点のコンテンツの内容が一部検索結果として表示されてしまうことがあります。
  • [パスワード保護領域 ]の「名前」は3文字以上100文字以下で設定してください。
  • [パスワード保護領域 ]を設定したページはサイトマップから非表示になります。