お困りのことはありますか?

Jimdo ライブチャット for iOS

チャットアプリをインストールしてチャットを「有効」にするだけで、かんたんにホームページにチャット機能を搭載できます。アプリにログインしてホームページを選択したら、チャットを有効にしましょう。

※リリースノート
プッシュ通知:
新しい訪問者の通知を廃止し、新しくチャットが開始された場合にのみ通知するよう仕様を変更しました。また、チャットリストがさらに見やすくなりました。

 

待機中メッセージ:
待機中のメッセージを自由に変更できるようになりました。 訪問者のデータ保護: アプリ内およびホームページに設置したチャット画面のチャット履歴(メッセージ)は、48時間以内にすべて自動消去されます。

チャットを有効にする

ホームページを選択後に表示される画面で、いつでもチャットの有効/無効を変更できます。

 

アクセスの多い時間帯のみ、チャットウィンドウを表示させるといった運用ができます。


訪問者がきたときは

サイトに訪問者がくるとアプリ上で確認できます。あなたからサイト訪問者に話しかけることもできますので、チャットを有効にした後は、ご自身のホームページを訪問してチャット機能の動作について確認を行うことをおすすめします。


チャット履歴を確認する

画面下にある[訪問者]の画面では、リアルタイムでサイトを閲覧しているかたのみが表示されますが、[チャット]ではこれまでのもう門者別のチャット履歴を確認できます。

 

リアルタイムでサイトを閲覧していない訪問者に対して、次回訪問時のためにチャットを残すこともできるので、ご確認ください。


通知設定をオンにしよう

サイトに訪問者がきたとき、訪問者からメッセージが送られたときにすぐに確認できるように、通知設定を「オン」にしておくことをおすすめします。

 

画面右上にある歯車マークから通知設定を変更できるので、ご確認ください。

 

また、この設定画面ではチャットウィンドウの表示位置(左右)の変更もできます。