お困りのことはありますか?

基本情報

メールアカウント転送用メールアドレスは、JimdoProとJimdoBusinessの機能です。

JimdoProは標準で、1 メールアカウント3 転送用メールアドレスが利用可能です。
JimdoBusinessでは、20 メールアカウントが利用でき、転送用メールアドレスは無制限で利用が可能です。
さらに、追加メールアカウントメールパッケージのオプションも利用可能です。

重要:
メールサービスプロバイダーRackspace社の運用規定に準じ、メールの送信数に制限を設けております。250通以上のメールの一斉送信、もしくは同様の内容のメールを250回以上にわたり 送信される行為は、監視システムにより制御されるようになっております。

メールソフトの設定方法でお困りの場合は、メールソフトへの設定方法ガイドで、メールシステムやメールソフトの種類に合わせた設定方法をステップバイステップで案内していますのでぜひご活用ください。

Jimdoメールソフト設定ガイド
クリックください!

メールアカウント

メールアカウントの作成方法をご案内します。

転送用メールアドレス

転送用メールアドレスの作成方法をご案内します。

Webメール

ブラウザからWebメールにログインする方法や、Webメールの各種設定について説明します。


追加メールアカウント

もっと多くのメールアカウントが必要な場合、有料オプション〔追加メールアカウント:年額2,520円(月額210円)〕1メールアカウントの追加が可能です。

メールパッケージ

より多くのメールアカウントが必要な場合、メールパッケージ:年額12,600円で 10メールアカウントの追加ができます。

また、20個の転送用メールアドレスも追加されます。 

メールソフト

OutlookやMac Mailなどのメールソフトでメールを送受信する設定について説明します。


Benchmark(ベンチマーク)

Benchmark(ベンチマーク)は簡単にテキストメール、HTMLメールが配信できる外部のメールマガジン配信システムです。


よくある質問

Webメールにログインする方法を教えてください。

https://webmail.jimdo.com/からメールアカウントのパスワードでログインください。

Webメールの表示を日本語に変更する方法を教えてください。

こちらを参照の上変更ください。

Webメールのタイムゾーン(時刻)変更する方法を教えてください。

こちらを参照の上変更ください。

ゴミ箱から削除したメールを復元できますか?

ゴミ箱から削除されてから14日以内であれば復元できる場合があります。詳細はこちらを参照ください。

特定の送信元からメールを受信できません

以下手順にて、送信元メールアドレスをセーフリストに追加し、受信できるようになるかお試しください。

 

1.JimdoのWebmailにログインしてください。

https://webmail.jimdo.com/

 

2.ログイン後の画面の右上に表示されます[三]→[設定]をクリックしてください。

 

3.[設定]のウィンドウが開きましたら、左側に表示されているメニューより、[スパム設定]をクリックしてください。

 

4.メニュー右側の設定画面で、[セーフリスト]というタブをクリックしてください。

 

5.[セーフリスト メールアドレス、ドメイン、IPアドレス]の追加ボタンをクリックし、セーフリストに追加するメールアドレスを入力し追加ボタンをクリックします。

 

6.入力した内容が反映されたら、「保存」をクリックしてください。

Webメール転送方法を教えてください。

こちらを参照の上設定ください。

メールアカウントのパスワードはどこから変更できますか?

管理メニュー > ドメイン・メール > メールアカウント より作成したメールアカウントのパスワード変更が可能です。詳細はこちらをご参照ください。

POP、IMAP、SMTPのホスト名・ポート番号を教えてください。

こちらを参照ください。

フォームから送信されたメールを複数のメールアドレスに転送できますか?

転送用メールアドレスをフォームの送信先に設定することで、複数のアドレスにメールを転送できます。 転送用メールアドレスの作成方法は、管理メニュー > 基本設定 > 転送用メールアドレス(または、メールアカウント内の転送用メールアドレス) から可能です。