お困りのことはありますか?

商品カタログ

商品カタログは、ホームページに設定された[商品]を、一覧で表示することができる機能です。

[+コンテンツの追加 ]>[その他コンテンツ&アドオン]>[商品カタログ]を選択します。


スタイル

スタイルを使うと、商品カタログの表示形式を変えることができます。

①表示方法

〔並べて表示〕、〔リスト表示〕、〔スライド表示〕の3種類から選択ができます。

②スタイル

商品カタログに表示する商品画像の表示スタイルを変更することができます。

③余白

商品毎の間隔を調整することができます。

④比率

商品画像のサイズを横長、正方形から選択することができます。

⑤表示サイズ

商品カタログに表示する商品写真のサイズを変更することができます。

⑥表示オプション

商品の〔タイトル〕と〔価格〕を表示させるかどうかの設定ができます。

設定

ここでは、あらかじめ商品に設定されているタグから選んで表示したり、商品点数や分類を変更することができます。

①商品数

商品カタログに表示する商品数を設定できます。

ポイント:
1つの商品カタログで表示できる商品数の最大値は 100 です。商品数が多い場合、タグによる分類設定を行ってください。複数の商品カタログを1つのページに表示する場合は、すべての商品カタログの商品数の合計の最大値が100ですので、ご注意ください。

②デフォルト並び順

以下から商品の並び順を変更することができます。 

  • A-Z
  • Z-A
  • 新規追加
  • 価格: 安い-高い
  • 価格: 高い-安い
  • 人気商品

③商品をタグで分類する

各商品で設定した〔タグ〕の情報を使って、そのタグが設定されている商品だけを表示させることができます。

各商品で設定済みのタグがあれば入力欄の下に表示されています。タグ名をクリックすると、タグが入力欄に追加されます。設定を保存すると、そのタグが付いた商品のみが商品カタログに表示されます。

 

例:

春物の商品に「春」といったタグをつけておき、商品カタログで、分類するタグを「春」に設定すれば、春物商品だけを並べた「商品カタログ」が簡単に作成できます。

 

注意:
「春」「夏」「秋」「冬」と季節ごとにタグがつけられた商品があった場合、商品カタログで「春」と「夏」を選択した際は、「春」と「夏」の商品が表示されるわけではなく、「春」と「夏」という2つのタグが設定された商品が表示されます。