お困りのことはありますか?

リダイレクト URL

すべてのWebサイトには、URLが存在します。ユーザーがページをお気に入りに保存したり、検索エンジンの順位を維持する際に、特にURLは重要になってきます。もしURLを利用しなくなったり、削除した場合、URLを使っているユーザーや検索エンジンは行き止まりとなり、行きたいページにたどり着くことができません。このような場合、「リダイレクト URL」を使うことによって、古いURLを新しいURLにリダイレクトさせることができます(301 リダイレクトとも呼ばれます)。

 

リダイレクト URL を利用する理由が異なっていたとしても、適切な範囲で正しく設定することが重要です。リダイレクトに入力ミスやエラーが含まれている場合、あなたのWebサイトは正しく表示されなくなり、価値を損なう恐れがあります。

ご注意:

リダイレクト URL は JimdoBusiness でのみ利用できる機能です。

同一ドメイン内でのリダイレクト機能となります。そのため、外部のドメインとのリダイレクトを行う事は出来ません。

リダイレクト URL とは?

リダイレクト URLを使うことにより、既存のURLやプロモーションのためのURLを、あなたのWebサイトの任意のページにリダイレクト(=転移)させることができます。

 

この機能は一般的には、あなたのWebサイトが検索エンジンで上位に表示されている際、何らかの理由によりURLを変更する場合に使います。例えば、Webサイトを再構築する、または、古いURL構成を持ったWebサイトから新しいサイトに切り替える場合などです。今までの検索エンジンの順位を維持するためにも、古いURLからのアクセスを、あなたのWebサイトのページにある新しいURLに転送します。

 

リダイレクト URL(301 リダイレクト)は検索エンジンに URL が永久的に移動したことを伝えることができるため、サイトの訪問者を新しいURLに誘導することができます。また、古いURLを直接入力した場合も、自動的に新しいURLを表示させることができます。

リダイレクト URLの設定手順

リダイレクト URLを設定するためには、Jimdoサイトにログインし、以下手順に沿って設定します。

  1. [管理メニュー]>[設定] をクリック
  2. [SEO]>[リダイレクト URL] をクリック
  3. リダイレクトさせたい URL* を [指定URL] に入力
  4. リダイレクト先の表示ページをドロップダウンメニューから選択
  5. [保存] をクリックします

* URL を入力する際は、ドメイン名(yourwebsite.com)を含めず、リダイレクトさせたいスラッシュ(/)以下の URL を入力します。

例)yoursite.com/bicycles/spring-sale ではなく /bicycles/spring-sale と入力

 

追加したエントリーを削除する場合は、ゴミ箱アイコンをクリックします。新しいリダイレクトを追加する場合は、プラス「+」アイコンをクリックします。

 

リダイレクトさせたいURLは古い既存のURLである場合や、または、プロモーション目的で作成された新しいURL(vanity URL)のことです。リダイレクト先のページは、あなたのJimdoサイトに作成してある実際のページである必要があります。リダイレクト URLを設定すると、リダイレクト元URLからのトラフィックはリダイレクト先のページに流れます。

 

リダイレクト元のURLは、既存のURL、またはプロモーション目的のURLであっても、あなたのJimdoサイトのドメインに関連付いている必要があります。

ヒント:
検索エンジンの順位を維持したまま、カスタム URL機能でシンプルなURLに変更したい場合、リダイレクト URL機能を併せて利用できます。ちなみに、JimdoBusiness では 200 個までリダイレクト URL を追加できます。

リダイレクト URL はサイトに影響を与える機能のため以下にご注意です:

  • 有効なナビゲーションのリンクを指定URLに設定した場合、リダイレクトループが発生してしまいます。指定URL=リダイレクト元のURLは、有効でない URL(以前の URL や存在しない URL)を設定ください。
  • もし、リダイレクト元の URL にあなたのサイトに存在する URL を設定する場合、リダイレクト元のURLとリダイレクト先のURLが、正しい場所に設定されているかを確認ください。誤った設定はあなたのサイトに問題を発生させます。

リダイレクト URL を利用する場面

リダイレクト URL が役に立つ場面は多くあります。以下にいくつかの例を紹介します。

・既存のWebサイトからJimdoへの切り替えを行うとき

もし他のホスティング会社でWebサイトを持っており、同じドメインでサイトをJimdoへ切り替える場合。以前のWebサイトのページのURL が、新しいJimdoのサイトのページのURLと異なる場合、リダイレクト URLを設定することができます。この設定により、以前のWebサイトのURLに対する検索エンジンの順位を維持することができ、また、以前のWebサイトからのリンク切れも発生しません。

 

以前のWebサイトのURLが、新しいJimdoのサイトと同じ場合、リダイレクト URLを使う必要はありません。

 

リダイレクトは、あなたのサイトを再構築する際に特に重要です。新しいサイトに存在しない以前のページは、新しいサイトのページにリダイレクトさせましょう。そうすることで、リンク切れを防ぎ、以前のページに訪れたユーザーを新しいページへ誘導することができます。

ヒント:
リダイレクト URLは、ドメインを移管、または、接続する前にも設定することができます。

・プロモーション URLとして利用する

リダイレクト URLを、特定の広告キャンペーンのためのプロモーション URLに使用することができます。これは "vanity URL" と呼ばれることもあります。

 

例えば、自転車屋さんでセールを行うとき、チラシを作るとします。サイトのセールの特設ページをチラシに載せるときに、長々とURLが並べられていても、見た人はわざわざURLを打ち込んで開く気にならないですよね。

(例:http://awesomebikes.com/products/beach-cruisers/sale)

 

そんなときは短いカスタムURLを設定し、既存のセールページにリダイレクトさせてみましょう。

(例:http://awesomebikes.com/sale/)

 

短いURLは顧客にあなたのWebサイトを簡単に覚えてもらうことができ、プロフェッショナルな印象を与えます。例のようにチラシに載せたときも、面倒な印象を与えません。

・404 エラーページの回避

もし、外部のサイトにあなたのWebサイトへのリンクがあり、外部のサイトからのリンク先が間違っている場合、そのリンクからアクセスをすると「404 エラー」になります。リダイレクト URLを使うと、間違ったURLからのアクセスを、正しいURLにリダイレクトさせることができ、404エラーを回避することができます。

 

あなたのWebサイトに関連する404エラーを見つけるには、Google Search Console が役に立ちます。SEOへの悪影響を及ぼしますし、サイトの訪問者へ与える印象のためにも、404 エラーを回避し、あなたのサイトのページへリダイレクトさせる設定をしましょう。