お困りのことはありますか?

SEOのそのほかについて

SEO 対策には内部施策(その Web サイト側でできること)・外部施策(その Web サイト側ではできないこと)があります。ここでは外部施策について、つまり Jimdo 以外で出来ることを紹介していきます。

検索エンジンに知らせる:Web サイト

新しくサイトを作ったら、はやく検索エンジンに見つけてもらいたいですよね。検索エンジンは自動的にインターネット上を見回りして URL を収集していきますが、手動で検索エンジンにあなたの Web サイトの UR Lを提出することもできます。

 

方法は簡単。下記ページより URL を提出することができます。

もし、あなたの Web サイトがまだそれらの検索エンジンに見つけてもらえていない場合は、ぜひ試してみてください。

(※ただしここに提出することが、掲載を確約するというものではありません。)

検索エンジンに知らせる:サイトマップ

サイトマップとは、ひとつの Web サイト上からアクセス可能なページの一覧のようなもの。書籍でいう「目次」がイメージです。(一般的にはほかのサイトへのリンクは含まれません。)

 

サイトマップには、XML 形式・HTML 形式の異なる二つの形式があります。一般的には XML 形式のサイトマップは検索エンジン用。HTML 形式のサイトマップはサイトの訪問者用で、Jimdo ではどちらの形式も自動的に生成されます。

・HTML 形式サイトマップ

Jimdo で作られたサイトの、訪問者用のサイトマップ(HTML形式)は、「http://そのホームページのURL/sitemap」 として自動生成されます。これは、訪問者にサイト構成や中身(ブログのカテゴリなど)を一覧で表示し、教えるものです。 

 

例)Jimdoのサポートセンターの場合 http://jp-help.jimdo.com/sitemap

HTLM 形式サイトマップは、Web サイトのフッター部分に元から設定されています

・XML 形式サイトマップ

Jimdo で作られたサイトの、検索エンジン用のサイトマップ(XML形式)は、「http://そのホームページのURL/sitemap.xml」 として自動生成されます。これは、検索エンジンにサイト構成だけでなく、どのページがいつ更新されたのかなどの情報も含まれています。 

 

例)Jimdo のサポートセンターの場合 http://jp-help.jimdo.com/sitemap.xml 

 

それぞれのサービスに別途登録する必要はありますが、この XML 形式のサイトマップも、検索エンジンに知らせることが可能です。

Jimdo で自動生成された XML サイトマップには、デフォルトでは「現在表示されているページ」のみが対象となります。Pro / Business ユーザーの方は、管理画面「XMLサイトマップ」より「非表示のページも含める」という設定が可能です。

 

構成上ナビゲーションでは非表示にしているけれど、他のページ上でリンクを貼ってコンテンツとして使用している場合など、非表示ページも検索エンジンに知らせたいときは「非表示ページも含める」設定を行ってください。

※Pro / Business ユーザーのかたは、XMLサイトマップに非表示のページを含める設定もできます。
※Pro / Business ユーザーのかたは、XMLサイトマップに非表示のページを含める設定もできます。
ヒント:
Businessユーザーは、別ページ「タイトルと概要」でも紹介した、「検索エンジンが見ないようにする」という設定も可能です。Webサイトは検索エンジンから総合的に評価されます。サイトと関係のない内容のページであれば、全体的な評価が低くならないようにページは検索させないようにして、全体の評価を落とさないようにすることもできます。

被リンクを増やそう

他のWebサイトからリンクされることを「被リンク」と呼びます。一般的にはドメインの異なる別のページからリンクされることを指し、「外部リンク」という名称でも使われます。

 

例)「www.AAA.comのページからwww.BBB.comのページへのリンクがついた」

・www.AAA.comはwww.BBB.comへ外部リンクを貼った

・www.BBB.comはwww.AAA.comから被リンクされた

 

このように、別のサイトからのリンクのことで、バックリンク / インバウンドリンクとも呼ばれます。 

・被リンクの重要性

別ページ「コンテンツ勝負!」にも記載しましたが、なぜ被リンクが重要なのかというと、被リンクを受けたページはリンクをしたページと関連性があるだろう、と検索エンジンは判断するからです。

 

特定のキーワード、例えば「Jimdo」の場合、Jimdoについてかかれたニュース記事やブログ、ソーシャルページなどから同時に被リンクを受けていれば、そのページは「Jimdo」を知りたい人には有益なページだ、と思ってもらえるということです。

 

評判や信頼性の高いページからリンク付けされていれば、なおさらです。検索エンジンは「Jimdo」というワードで検索をしたときに、重要なページとしてリストにしていくことでしょう。

注意:
全くの関連性のないページからのリンクや、急激に外部からのリンクが増えたがその後増大しないような場合には、ペナルティが課されることがありますので、注意してください。(その場しのぎや、業者に依頼して大量にリンク付けをしてもらうような行為ととられ、有益なものではないと思われてしまう可能性あるということです)

ソーシャルを活用する

Facebook, Twitter, Google+, などのソーシャルメディア(以後:SNS)を、上手に利用していきましょう。SNSを上手に利用すれば、WebサイトのSEOに役立つことがあります。

 

「Facebookでページをシェア」や「TwitterでURLをツイート」されると、被リンクも増えます。ただ単純に被リンクが増えるだけなく、SNSは知人・友人・趣味の合う人など、人と人との繋がりが深く関係してくるという、サービスの特性を活かすことができます。たくさんの情報が溢れる近年、そこから自分のもとめる情報にたどりつくのは困難だったり、あたらしい興味の入り口がありすぎて何が自分に合ったものかわからない、と感じたことはありませんか。

 

けれど、自分と繫がりや関連がある人が話題にしていることは、目に止まりやすかったり、あの人が気になることなら気になる、というような「クチコミ」の力を発揮することがあります。

つまり、SNS上への露出が増えれば、検索結果のように自ら求めて得られるものだけでなく、クチコミの力で、共感や興味をもってページにきてくれる人が増えるということ。共感や興味からのアクセスは、サイトでの滞在時間が長かったり、その後の問い合わせなどの成果にも繋がりやすそうだと思いませんか?

SNSをよりうまく活用するために、以下の項目をチェックしていきましょう。

 

  • シェアしたくなるようなコンテンツですか?
    1ページの内容に複数のキーワードや内容が入りすぎていると、そのページが何を表しているのか伝わりにくく、シェアに繋がりません。特定の内容について書かれているか、簡単にページを共有できるような内容構成になっているのかを見直してみましょう!

    また、ユーザーがコンテンツを読んですぐにシェアできるように、SNSボタンの配置を忘れないようにしたり、配置場所を工夫してみましょう。
  • 定期的に投稿などをしているSNSアカウントはおもちですか?
    たくさんのSNSアカウントを持たなくても、ひとつでも良いので、定期的に更新するアカウントを持っていると良いでしょう。ひとつのアカウントでも、継続して投稿し、ファンとの交流をしている大事にしていた方が魅力的ですし信頼につながります。
  • あなたやあなたのページのファンや顧客の好きな物を知っていますか?
    相互性があってファンとの距離が近いSNSだからこそ、既存のファンがどんなコンテンツを好むか、どんなコンテンツだと新しいファンがつくかを分析しやすいです。ページの内容作りの計画を立てやすいでしょう。

あなたのWebサイトの入口はサイトのURLですが、サイトへ誘導する入口としてSNSを活用することで、より多くの人に見てもらう機会を増やすことができます。 最初はいきなりファンが増えなかったり、続ける意味がよく分からないと思うことがあると思いますが、継続が何よりも大事です!

ヒント:
ここではJimdoでできる以外のことを紹介していますが、JimdoにはSNSに関連するコンテンツができる機能あります。
Jimdoでページ内に追加できるコンテンツ一覧はこちらで紹介しています。
ヒント:
ここで掲載している外部サービスにつきましては、サービスごとの登録方法、規約、設定方法などをご確認ください。Jimdoでは外部サービスに関する説明は行っておりません。また、外部サービスをご利用になり発生したトラブルには当社は一切の責任を負いません。

SEOチェックシート

SEO対策でチェックすべき項目を以下にまとめましたたので、せひご活用ください!

1 独自ドメインでサイトにアクセスできる  
2 分かりやすいページ構成になっている  
3 すべてのサブページは明確な目的で作成されている  
4 すべてのサブページは3クリック以内でたどり着ける構成になっている  
5 他のウェブサイトと同様のコンテンツはなく、独自のコンテンツで作成されている(例: 他のウェブサイトのテキストをコピーしていない)  
6 ブログ表示コンテンツをトップページに設置し、ブログ記事を投稿することで、サイトの情報を定期的に更新している  
7 著作権を侵害するコンテンツを掲載していない  
8 テキストは読みやすいフォントサイズ、フォントカラーになっている  
9 訪問者の行動を促すようなボタンを使っている(例: 「購入する」や「詳しく知る」ボタンなど)  
10 画像がどういうものなのかを簡単に説明する「代替テキスト」を設定している  
11 各ページに「ページタイトル」と「ページ概要」を設定している  
12 各ページに「大見出し(H1)」を設置している  
13 Search Console を使ってサイトマップの送信を行っている  
14 「アクセス解析」やGoogle Analyticsを使い、定期的にサイトへの流入をチェックしている  
15 サイトがパートナーのサイトや地域のサイト、ビジネス情報を掲載しているサイトにリンクされている (被リンク)  
16 サイト訪問者がSNSなどでシェアしたくなるようなコンテンツになっている  
17 FacebookなどのSNSで情報を発信している  
SEOチェックシート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 121.9 KB