お困りのことはありますか?

SEO(検索エンジン最適化)

「SEO(エス・イー・オー)」という言葉をご存知ですか?「検索エンジン最適化」といわれているものです。

 

簡単に言うとGoogleやYahoo!などで正しく、また上位に検索されるためのチューニング(調整)のこと。Webサイトを作成する一方で、SEOを意識することはとても大切なこととされています。「Webサイトのアクセス数を増やしたいのでSEO対策をしています!」というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

いわゆる「SEO対策」と呼ばれるものには、絶対的な答えや正解はありません。検索エンジン(クローラー)とよばれるものがインターネット上を見て回り、検索する側と、ページを提供している側を適切に紐づけており、独自の判断軸やルールにのっとって、その結果を表示させています。

 

「SEO対策」に明確な答えはありませんが、Jimdoには「SEO」をサポートする機能が組み込まれています。このページではSEOを意識するうえでヒントになるような情報と、それをお手伝いをするためのJimdoの機能やその使い方を紹介していきます。

ヒント:
Jimdoで作られたサイトのサイトマップ(HTML形式)は、「http://そのホームページのURL/sitemap/」 に自動生成されます。たとえば、ここサポートセンターのサイトマップであれは http://jp-help.jimdo.com/sitemap/  です。ナビゲーションやブログ記事などの構成がわかりやすく掲載されていますよね!

SEOはどうして必要なのか

SEO(検索エンジン最適化)は、検索結果からより多くのアクセスを誘導するために、Webサイトのコンテンツ(内容)を更新してチューニングしていくこと。これはとても大切なことですが、では、なぜ大切なのでしょうか?

 

 あなたがインターネットで何か調べてものをしているとき。たとえば「JimdoCafe」について調べようと思ったときに、まず何を行いますか?  GoogleやYahoo!など、もしくはブラウザウィンドウ上部の入力スペースに「JimdoCafe」や「Jimdo カフェ」などの調べたいことのキーワードを入力して、検索をしますよね。多くの人はそうしてインターネット上を検索して情報を探していると思います。そして、検索結果としていくつかのページがリストアップされるでしょう。

 

ただし、検索エンジンが知らないページや、知っているページでも「JimdoCafe」に関するページじゃないと判断した場合、 「JimdoCafe」という検索への回答結果として正しいものが提示されることはありません。「JimdoCafe」に関連するかもしれないけれど、あまり重要じゃないページと判断されていたら、検索結果の上位には入ってきにくくなります。

 

つまりWebサイトの内容を、検索エンジンにとって「何のページなのか」「どんな情報が掲載されているのか」をわかりやすくしてあげることがとても大切になります。ページ単体やサイト全体の内容を調整していくことで、検索をする側とページの内容がよりマッチングしやすくなる可能性があります。

 

「JimdoCafe」と検索する人にとって、このページはとても有益な内容なんだ!と検索エンジンが判断すれば、「JimdoCafe」での検索結果の上位に表示されます。すると「JimdoCafe」で検索してきた人の目に触れることが増え、そこからページへのアクセスにもつながります。

 

提供している情報をわかりやすくし、検索している側に伝えるためにも、検索エンジンにどんなページなのか知ってもらう必要があり、そのための手段のひとつとして、「SEO」を意識するということが大切になってくるのです。

検索エンジンが行っていること

インターネット上に溢れる膨大な情報のなかから、あなたのたどり着きたい情報があるページを探してきてくれているのが、検索エンジンです。

 

検索エンジンは、インターネット上やWebサイトから情報を読み取って、サイトの内容を評価し、検索の結果にランク付けして反映させています。Webサイト内のリンク、他のサイトからあなたのサイトへのリンクなど、いろいろな経路をたどりながらページを解析し、関連性やその評価を判断しているのです。

 

しかし残念ながら、検索エンジンのこのような評価付けのアルゴリズムは、公開されていません。ですが、  ディスクリプションメタタグ タイトル 代替えテキスト、および被リンク、そしてページ単位の情報の統一性は、非常に重要な要因であるといわれています。

探し手の立場で考える

アルゴリズム・メタタグ・リンク・評価・・・なんだか堅苦しい言葉が並びがちですが、一番大切なことは「情報の探し手の立場で考える」ということではないでしょうか。

 

たとえば、潜在的なファンや顧客が「どんな言葉で検索しているのかな」と想像してみましょう。どんな人にページをみてもらいたいですか? その人たちはどんな言葉で検索しているのでしょう? ……それらを考えると、自ずとページの文章や説明文に散りばめるべきキーワードが見えてくるのではないでしょうか?(ただキーワードを羅列せず、自然な表現にすることも大切です。)

 

  • 求めている情報にたどり着きやすい動線になっているのか?
  • メニューの名前は伝わるのか?
  • シンプルに伝わる文章か?
  • 脈絡がおかしくはないか?

探し手の目線でWebサイトの内容を見直した時、見えてくることがきっとあるはずです。サイトを訪れる人にとってわかりやすいページは、きっと検索エンジンにとってもわかりやすいページでしょう。

 

JimdoとSEOに関して掘り下げていきますが、「探し手の立場で考える」ことをベースに参考にしてみてください。

ドメインと、設定のコツ

ドメイン名とは、特定のWebサイトを指定するWebアドレスの一部のこと。以下が例です。

例)http://jimdo.com 「jimdo」がドメイン名

例2)http://jp.jimdo.com 「jp」がサブドメイン名、「jimdo」がドメイン名


ドメイン名も、検索用に最適化するための重要な項目です。Jimdoをお使いになるとき、Freeのかたであればサブドメイン名、ProやBusinessをお使いになる方は、ほとんどの方がドメイン名を考案することになるとと思いますが、そのときには以下のことに注意して考案してみましょう。

  • ユーザーが一目でわかるワードにする
    様々な人がWebサイトのURLをみて、特定のブランド・サービスに関するサイトだとわかるようなドメインづけが必要です。たとえば以下のようなURLなら、知らなかった人でも何のページなのかを覚えやすいですし、サービスや会社との関連性が伝わりますよね。

    例)http://jimdo.com:Jimdoのホームページ
    例)http://kddi-web.com:KDDIウェブコミュニケーションズという会社

    ただし、もう取得されているドメイン名は利用することができません。
    その場合も、関連性があるわかりやすい名前を探してみましょう。

    例)http://jimdo-jp.com
    例)http://jimdo-japan.com
  • 長すぎないようにする
    長すぎるドメイン名は覚えてもらいにくいですし、入力ミスもしやすくなります。多くても3単語以内、15文字以内程度にすると良いと言われています。

    悪い例)jimdo-website-sakusei-rakudayo-tukattene.com:わかりにくく長い

ヒント:

どうせなら自分だけのドメインにしたい、ビジネスで相手に見せるにはオリジナルのドメインにしたい。そんなあなたにはJimdoProかJimdoBusinessがあります。自分だけのドメイン・独自ドメインでホームページをより本格的にできますよ!
Jimdoで独自ドメインを使いたい・外部取得ドメインをつかいたい、などドメインについてはこちらをご覧ください。