お困りのことはありますか?

コンテンツ

ホームページにはいろいろな情報を掲載することができます。文章、画像、入力フォーム、ボタンなど種類もたくさんあり、Jimdo 以外のサービスと連携することもできます。

 

Jimdo ではホームページを構成するそれぞれの要素を〔コンテンツ〕と呼んでおり、各ページ内に〔コンテンツを追加〕することによって、ホームベージを作成することができます。ここではコンテンツの追加や移動、削除する方法を説明します。

追加コンテンツの一覧

Jimdo のページには以下の〔コンテンツ〕を追加することができます。

ご利用可能なコンテンツの一覧です

各コンテンツの説明

1. コンテンツの追加

Jimdo ページに〔コンテンツ〕を追加します。

コンテンツは縦に並べて追加していきます。

 

新しいコンテンツを追加する場合、マウスを動かして右の画像のように〔+コンテンツを追加〕マークを表示させて下さい。

 

表示されたら、そのマークをクリックすると、コンテンツの追加画面が表示されます。

ページにコンテンツを追加します

2. コンテンツの選択

〔+コンテンツを追加〕をクリックするとそのページ追加できるコンテンツの一覧が表示されます。

 

文章、画像やボタンなどまでたくさんの項目が表示されるので、追加したいコンテンツを選択してクリックするだけです。新しいコンテンツが追加され、その後追加したコンテンツを個別に編集していきます。

 

 

上記1の手順で「+コンテンツを追加」マークをクリックすると、右の画像のようによく使うコンテンツの一覧が表示されます。

 

追加したいコンテンツを選択してクリックすると、そのコンテンツの編集項目が表示されます。

 

コンテンツの追加をやめたい場合は、上部の「×」マークをクリックするとキャンセルできます。

追加可能なコンテンツ一覧

上記画像に表示されていないコンテンツは、右の画像の〔・・・その他コンテンツ&アドオン〕ボタンをクリックしてください。

 

クリックすると、追加できるコンテンツが全て表示されます。


3. コンテンツの編集

それぞれのコンテンツによって編集できる内容は変わってきます。

 

例えば〔文章〕コンテンツの場合、文字を追加した後に文字をマウスでドラッグして選択すると、太字や配置方法などかんたんに変更することができます。

 

 

 文章コンテンツ編集画面

 

4. コンテンツの移動

Jimdo ではコンテンツを追加していくことで、ページの作成をすすめることができます。

そのコンテンツの配置を見やすく調整することも可能でございます。各コンテンツの移動方法を説明します。

4.1 矢印をクリック

 まずは基本的な方法のご紹介です。移動したいコンテンツにカーソルを持って行くと項目の左に〔上下の矢印〕が表示されます。コンテンツを上に移動したい場合は「上矢印」を、下に移動したい場合は「下矢印」をクリックしてください。

4.2 ドラッグ&ドロップ

コンテンツをドラッグ&ドロップで移動すると、素早く直感的にコンテンツを移動することができます。

 移動したいコンテンツの上にカーソルを移動して右側の[十字矢印]をクリックしながら移動、あとは移動したい場所でマウスのボタンを離すだけです。

 

ヒント:

ドラッグ&ドロップは文章よりドラッグ&ドロップの動画のほうがイメージがかんたんに湧きます。ぜひご覧ください。

4.3 ドラッグ&ドロップで別のページ移動

コンテンツを他のページで利用したい場合は〔クリップボード(一次保存領域)〕を利用します。

コンテンツを移動中にページ右上に移動すると〔クリップボード(一次保存領域)〕が表示されます。次にナビゲーションから移動したいページを開いてみると〔クリップボード(一次保存領域)〕内のコンテンツを移動することができます。

5. コンテンツのコピー

既にページ内に設置されているコンテンツを他のページでも使いたいとき、この〔コンテンツのコピー〕機能をご利用ください。

 コピーした項目をドラッグ&ドロップで移動することもできます。

 

同じようなコンテンツを複数作成する場合などにご活用ください。

例:

 同じ文章構成を幾つか連続して作成する

 類似の〔商品〕作成して、商品名や価格だけを変更して作成する場合

 たくさんのコンテンツを含んだ〔カラム〕や〔表〕を、もう一つ作成したい場合

6. コンテンツの削除

削除したコンテンツはもとに戻すことができません。コンテンツを削除する場合は十分ご注意願います。

コンテンツの削除もかんたんです。削除したいコンテンツの上にカーソルを持って行くと〔ゴミ箱〕ボタンが表示されるので〔ゴミ箱〕ボタンクリックするだけです。もし誤って削除しようとしても確認画面が表示されるので〔はい、削除します〕をクリックしなければコンテンツは削除されません。